血行不良 冷え性

血行不良が冷え性の原因|血液の微小循環を改善するのがポイント

冷え性を改善する一番簡単で効果的な方法は
冷えてしまう部分の血行を改善することです

 

 

運動することで体が温まるのは、
体内を巡る血液が多くなるからです
心臓から暖かい血液が体中にしっかり届けば
冷え性の大部分は改善すると言われています

 

 

冷え性で特に多いのは手足や末端の冷えです
なぜ手足が冷える人が多いのかというと
指先や足先を通っている血管は細い毛細血管が多いので
血管が詰まりやすいからです

 

 

細い血管なので、血液がドロドロの状態だと
なかなか血液が血管を流れることができずに
末端まで血液が届かず、指先、足先の温度が下がってしまいます

 

 

私はタバコを吸うと、異常なほど手足が冷えて
冬は本当に辛かった体験をしています
現在は禁煙しているので、大丈夫なのですが
タバコを吸うと血管が収縮して狭くなってしまいます
その分血液が流れにくくなり、冷えてしまっていました

 

 

冷え性に苦しんでいる人は絶対にタバコはやめてください

 

 

血管の収縮と並んで、冷えの原因となるのは
血液自体がドロドロになることです
血液をドロドロにしてしまう要因は3つあります

 

 

一つ目は、単純なことですが、水分不足です
血液は液体なので、体内の水分が少なくなると
当然血液量も減ってしまいます

 

 

少ない血液量だと、血管のホースの隅々まで血液が
行き届かないので、ただでさえ血液の届きにくい
指先足先がどんどん冷えていってしまいます

 

 

次に、砂糖の取り過ぎが大きな原因だと言われます
砂糖は体内でブドウ糖に分解されて吸収されますが
砂糖を消化分解するためには大量の消化酵素が必要になります

 

 

消化分解が追いつかず、砂糖のまま血液中に入り込むと
シュガークリスタルという固まりとなって
血液をドロドロにしてしまいます

 

 

最後に、たんぱく質の取り過ぎも大きな原因です
たんぱく質は消化の難しい栄養素ですが
特にステーキなどの大きな動物性たんぱく質を食べ過ぎると
未消化のたんぱく質が血液中に入り込み、
『ルロー』という血液の固まりを作り出してしまいます
大きな血液の固まりは、毛細血管を通ることができませんので
微小循環を悪くしてしまい、冷えを作り出してしまいます

 

 

砂糖とたんぱく質とは反対に、血液をサラサラにしてくれるのが
酵素たっぷりの食事です

 

 

納豆が血液をさらさらにする、という納豆の健康効果を
聞いたことがあるかもしれませんが、
納豆に含まれるナットウキナーゼというたんぱく質分解酵素が
血液中のたんぱく質を消化分解してくれるからです

 

 

『ルロー』はたんぱく質によって血液が固まったものなので
ナットウキナーゼなどのたんぱく質分解酵素によって
血液の固まりを細かくして、サラサラの循環しやすい
血液に戻してくれます

 

 

たんぱく質分解酵素は納豆以外にも、
パパインやパイナップルに多く含まれています

 

 

その他、生野菜や果物も、消化酵素を多く含み
直接・間接的に血液をさらさらにする効果がありますので
冷えに悩む人は、食生活で生の野菜や発酵食品を
多めに食べることを意識するのが大切ですよ(^^)

血行不良が冷え性の原因|血液の微小循環を改善するのがポイント関連ページ

消化不良を解消する方法
現代の食事に潜む罠
消化不良から病気が始まる
身近な人を観察してみると、 病気になりやすかったり、肌が弱かったり、疲れやすい人は ほとんど『胃が弱い』ことに気がつくと思います
酵素が免疫力を上げるには理由がある
私たちの免疫力は20歳をピークに年々低下していきます その理由は体内酵素が減少していくからです
体内酵素活性化のファーストステップ
私たちの体内にある酵素、体内酵素は限られています 肌のターンオーバーを行ったり、毒素を排出したり、病気を治す 全ての生命活動に酵素は必要
酵素で便秘が解消する理由
便秘は腸の問題だけでなく、消化・吸収・排泄というサイクルが うまく回転していない結果でもあります