肌荒れ 油

肌荒れする油の種類|オメガ6とトランス脂肪酸で肌細胞が崩壊する

私たちの体は60兆個の細胞でできていますが
全ての細胞の細胞壁は脂質でできています

 

 

油や脂肪というと悪いものというイメージが強いですが
体や細胞にとって、必要な栄養素です

 

 

私たちの体は、私たちが食べたものでできています
良いものを食べれば、良い体ができます
悪いものを食べれば、悪い体ができます

 

 

油にしても、それは同じで、細胞の健康も
私たちが普段食べる油の質によって変わってきます

 

 

質の悪い油をとり続けることで
細胞壁が不健康になって炎症の起こりやすい肌になったり
最悪の場合、脳細胞にも影響がでてアルツハイマーの原因になる
とも言われています

 

 

質の悪い油は三つです
酸化した油
トランス脂肪酸
オメガ6

 

 

まず酸化した油ですが、使い古された油や古い油はまず酸化しています
酸化した油が体内に入ると、活性酸素を発生させて、体も酸化させて
錆びを発生させたり、老化を促進してしまいます

 

 

加熱によっても油は酸化するので、基本的に揚げ物は
健康によくありません
どのような油であっても、古くなることで酸化するので
できるだけ新しい油を使ったり、
DHAなどの良い油の多い魚介類も新鮮なものを食べるように
心がけるとよいでしょう。

 

 

次にトランス脂肪酸は、自然界に存在しない人工的な油ですが
体内に入り混むとなかなか分解されずに消化酵素を
大量消費してしまい、内蔵に負担をかけてしまいます

 

 

ヨーロッパやアメリカでは何年も前から規制されているほどです
日本では全く規制されていませんので、自分で注意する必要があります

 

オメガ6は、一般的なサラダ油にたくさん入っています
オメガ6は必須脂肪酸なので、体に必要な油なのですが
摂取しすぎることで、細胞が炎症を起こしやすくなると言われます

 

 

必須脂肪酸はオメガ3とオメガ6の2種類があり、
1:1から1:4くらいの間であれば問題がないのですが
現代の食生活では1:20や1:100と言われます
オメガ3の摂取が少なく、オメガ6を取り過ぎています

 

 

オメガ6はほとんどの料理に含まれているので避けることは無理ですが
わたしはオメガ3やオメガ9の摂取量を上げることで細胞の脂質バランスを
とるように意識しています

 

 

料理にはオリーブオイルを使うように心がけたり
オメガ3は主に魚介類に含まれるので、できるだけ刺身やお寿司を食べます
植物ではアマニ(フラックスシード)というものに入っています

肌荒れする油の種類|オメガ6とトランス脂肪酸で肌細胞が崩壊する関連ページ

発酵食品の正しい選び方
発酵食品の正しい選び方
酵素の多い食品と食材の選び方
酵素は水と並んで、生命力の源ともいえる大切な栄養素です すべての生の食品に酵素は含まれていますが、 48度以上に加熱することで酵素は活力を失ってしまいます
正しい水の飲み方
美容と健康を心がけるのであれば毎日1.5リットルから2リットルの 水分摂取は必ず必要です
肌の調子を整える食べ物
油物ばかり食べていると、肌まで油っぽくなっていきます ニキビや吹き出物なども出来やすくなってしまいます