アンチエイジング 食事

アンチエイジングは食事から|恐ろしく老ける食べ物ワースト3

私たちの体は、私たちが毎日食べた物で出来ています
質の良いものを食べれば、美しい体ができます
質の悪いものを食べれば、汚い体になります

 

 

私の考える、質が悪い食べ物のワースト3は

 

・砂糖
・トランス脂肪酸
・薬

 

この3つです
砂糖の害はとてもたくさんありますが、
まず血糖値を急上昇させてしまい、高血糖と低血糖を繰り返す
砂糖依存症を作り出してしまいます

 

高血糖状態では、インシュリンという脂肪を溜め込むホルモンが分泌され
内臓を含む体内全体に余分な脂肪が蓄積されてしまいます
さらにインシュリンの作用によって、今度は低血糖状態が発生します
低血糖状態では飢餓感を感じるので強烈な食欲とイライラが起こります

 

アメリカでは、砂糖を多く摂取する子供は
集中力がなかったりキレやすい
ということはほとんど常識になっています

 

トランス脂肪酸は、自然界には存在しない油です
自然界に存在しないので分解されにくく、
プラスチック化された油と言われています

 

食品ではマーガリンやショートニングという材料に
大量に含まれていますので、
注意しないと日常的に体に入り込んでしまいます

 

私たちの体を作っている60兆個の細胞の外壁を細胞膜といいますが、
細胞膜は全て、『脂質』でできています

 

トランス脂肪酸はこの細胞膜に入り込み、
細胞膜本来の働きを阻害してしまいます

 

肌の隙間にプラスチックが入っていると考えるとぞっとしますよね(>_<)

 

最後に『薬』です
もちろん薬が必要な時もありますが、
特に常用する場合、副作用は計り知れません

 

例えば便秘薬は、腸に刺激を与えて排便を起こしますが
常用することで自力で排便が出来なくなってしまう可能性もあります

 

 

例えば胃薬は、胃酸を抑えることで、胃や食道の不快感を抑えますが
常用することで、胃の粘膜が薄くなったり、胃酸が十分に分泌されずに
消化不良が悪化する副作用もあります
胃ガンになりやすくなる、という臨床データもあるようです

 

 

直接的な副作用だけでなく、薬のような化学物質は
体内に入り込んだ場合、なかなか分解されなかったり、
排出されるまでに大量の体内の『酵素(エンザイム)』を消耗します

 

この点は食品添加物も同様です

 

酵素は新陳代謝や細胞の再生を行う物質で
酵素が働かなくなると、生物は死んでしまいます

 

 

風邪を引いたとき、熱が出るのは37度から40度の間が
酵素が一番活性化する温度だからです
酵素を活性化することで、細菌やウイルスを撃退して病気を治します

 

 

体内酵素の消耗は、新陳代謝の低下や免疫力の低下をもたらし
肌の老化、病気、寿命の低下、肥満の原因にもなると言われています

 

アンチエイジングは食事から|恐ろしく老ける食べ物ワースト3関連ページ

体内酵素を増やす正しい食事制限
1日3食の食事が健康に悪いと言うお医者さんもいます 日本人が毎日、朝昼晩の食事を食べるようになったのは 明治時代以降で、昔から実は1日2食だったという説もあります
太りやすい食べ物
太りやすい食べ物には2つの条件があります
太りやすい体質は味付けに特徴
身の回りの肥満体型の友人を見ていて気づいたことがあります それは、みんな、同じタイプの味が好きなんです
カロリー制限と糖質制限はすでに古い
カロリー制限は、一見簡単に見えますが、とても非効率です
酵素ダイエットの理論を解説
『酵素ダイエット』というと 酵素ドリンクなど、特別なアイテムを利用したダイエット というイメージがありますが 実際に、アメリカのサナトリウム(療養所)で行われている 酵素ダイエットはもっとシンプルです
肌細胞の寿命を決めるもの
40代、50代なのに、30代にしか見えない人がいます ただ美人、というだけではこのような年齢を超えた 美しさは手に入れることができません