酵素ダイエット 理論

酵素ダイエットの理論を解説|お金をかけずにきれいになる方法

『酵素ダイエット』というと
酵素ドリンクなど、特別なアイテムを利用したダイエット
というイメージがありますが

 

 

実際に、アメリカのサナトリウム(療養所)で行われている
酵素ダイエットはもっとシンプルです

 

 

ポイントは2つあるのですが、
・胃腸をしっかり休める期間を作る
・酵素が豊富な食品を食べる
この2つです

 

 

まず胃腸をしっかり休めるというポイントですが
(消化酵素を消耗する)食事を摂らない時間を最低16時間設ける、
ということです

 

 

夜20時に夕食を食べた場合、
次の日のお昼12時まで、食事をとらなければ
16時間、胃腸に休息時間を与えることができます

 

 

食事というと、胃腸だけの問題だと思われがちですが
実際には胃腸+肝臓や膵臓といった『酵素』を作りだす臓器を
酷使しています

 

 

長時間のインターバルをもうけることで
内臓全体に休む時間を与えることができるので
体内の酵素が充電できて、新陳代謝がスムーズになり
免疫力が高まったり、ダイエットに効果があるのです

 

 

ちなみに消化酵素を使わない、ということがポイントなので
全く何も口に入れてはいけないわけではありません

 

 

ごはんや肉などは消化酵素を消耗してしまいますが、
フルーツやすり下ろした野菜などはほとんど消化酵素を消耗せず
必要な栄養素だけを摂取することができます

 

 

二つ目のポイントの酵素が豊富な食事をする、という点は
やはりフルーツや生野菜など、生の新鮮な食材を中心にした
食事を食生活の中心にすることです

 

 

酵素を豊富に含む食品を食べることで
消化酵素の消耗を防ぐと同時に体内の酵素量を上げる効果
もあると言われます

 

 

これらの点を手軽にカバーできる商品として
酵素ドリンクが人気なのですが、やはり高価です

 

 

実は、朝ご飯をフルーツだけにすることで
同じような効果が十分期待できます
最初に話したように、専門施設では酵素ドリンクではなく
すり下ろし野菜やフルーツを使っています

 

 

手間をとるか、お金をとるかで迷うところですが
まず酵素ダイエットの効果を実感したい場合
朝ご飯をフルーツだけにして2週間過ごしてみる
という方法もよいと思います(^^)

酵素ダイエットの理論を解説|お金をかけずにきれいになる方法関連ページ

体内酵素を増やす正しい食事制限
1日3食の食事が健康に悪いと言うお医者さんもいます 日本人が毎日、朝昼晩の食事を食べるようになったのは 明治時代以降で、昔から実は1日2食だったという説もあります
太りやすい食べ物
太りやすい食べ物には2つの条件があります
太りやすい体質は味付けに特徴
身の回りの肥満体型の友人を見ていて気づいたことがあります それは、みんな、同じタイプの味が好きなんです
カロリー制限と糖質制限はすでに古い
カロリー制限は、一見簡単に見えますが、とても非効率です
肌細胞の寿命を決めるもの
40代、50代なのに、30代にしか見えない人がいます ただ美人、というだけではこのような年齢を超えた 美しさは手に入れることができません
恐ろしく老ける食べ物ワースト3
私たちの体は、私たちが毎日食べた物で出来ています 質の良いものを食べれば、美しい体ができます 質の悪いものを食べれば、汚い体になります