食事制限 正しい

体内酵素を増やす正しい食事制限|1日2食で痩せてしかも健康になる

1日3食の食事が健康に悪いと言うお医者さんもいます
日本人が毎日、朝昼晩の食事を食べるようになったのは
明治時代以降で、昔から実は1日2食だったという説もあります

 

 

現在でも、農村部では、日の出前に起きて
朝ご飯を食べずに、朝イチの仕事を終わらす
という生活リズムが一般的です

 

 

特に朝ご飯について、10年ほど前までは朝食を食べないと
頭も働かず、健康にも悪いと言われていましたが、
最近ではむしろ朝食を取り過ぎることが病気につながる
とも言われています

 

 

逆に朝食をできるだけ軽いものにすることで
胃腸を長時間休めることができるので
内臓のエネルギーの充電ができる、
というメリットがあります

 

 

脳のエネルギー源はブドウ糖だけなので
朝、ブドウ糖をしっかり補給しないという『脳』側からの
意見は一見もっとものように思えますが、

 

 

一方で、朝は胃腸の働きが弱く、朝食をたくさん食べることで
胃腸に負担をかけ、健康を害したり寿命を縮めるとも言われています
少なくとも朝食の食べ過ぎは、健康によくないようです

 

 

胃腸の動きが少ない状態で、食事を食べると
通常よりも大量の消化酵素が必要になります
体内の酵素生産量は限られているので
大量の消化酵素の消費は、エネルギーの低下、免疫力の低下
長期的には病気になりやすい体質や短命にもつながるといわれます

 

私たちの体のメカニズムとしても
夜寝るときに副交感神経が活発になり、リラックスして眠くなりますが
朝起きた時から、日光を浴びると徐々に交感神経が活発になります

 

 

そこで朝食を食べてしまうと、副交感神経がまた動き出すので
自律神経にブレーキをかけてしまい、逆に疲れやすくなってしまいます

 

 

私の実感としても、朝イチから仕事を行う場合、
朝食を食べ過ぎると全くやる気がでません

 

 

そこで、特に私のように胃腸が強くない人は
無理に朝食をとらずに、最低限の糖分と栄養素を摂取する
ということが理想的だと思います

 

 

具体的には、野菜のすり下ろしジュースやフルーツを主体にした
朝食に切り替えて見ることをオススメします
1日のトータル摂取カロリーも自然と減るので
ダイエットにも効果があります

 

 

準備や片付けも短時間で終わるので、
朝の時間を有意義に使いたい方にこそ、
ぜひおすすめしたい方法です(^^)

体内酵素を増やす正しい食事制限|1日2食で痩せてしかも健康になる関連ページ

太りやすい食べ物
太りやすい食べ物には2つの条件があります
太りやすい体質は味付けに特徴
身の回りの肥満体型の友人を見ていて気づいたことがあります それは、みんな、同じタイプの味が好きなんです
カロリー制限と糖質制限はすでに古い
カロリー制限は、一見簡単に見えますが、とても非効率です
酵素ダイエットの理論を解説
『酵素ダイエット』というと 酵素ドリンクなど、特別なアイテムを利用したダイエット というイメージがありますが 実際に、アメリカのサナトリウム(療養所)で行われている 酵素ダイエットはもっとシンプルです
肌細胞の寿命を決めるもの
40代、50代なのに、30代にしか見えない人がいます ただ美人、というだけではこのような年齢を超えた 美しさは手に入れることができません
恐ろしく老ける食べ物ワースト3
私たちの体は、私たちが毎日食べた物で出来ています 質の良いものを食べれば、美しい体ができます 質の悪いものを食べれば、汚い体になります