カロリー制限 糖質制限

カロリー制限と糖質制限はすでに古い|アメリカ栄養学の最先端メソッド

カロリー制限は、一見簡単に見えますが、とても非効率です
摂取カロリーを減らすこと自体はもちろんダイエットに有効です
どんなに運動したりエステに通いまくったとしても
毎日、高カロリーの食事ばかり食べていたら痩せないのも事実です

 

 

でもカロリー計算は面倒ですし、一時的に痩せることができても
リバウンドすることが多いのが、カロリーを制限する単純な食事制限です

 

 

極端な大食いで無い限り、
カロリーよりも太る要因として重要な要素は血糖値です
血糖値が急激に上がる食品ほど、脂肪に変わりやすいので
たとえば砂糖とはちみつをくらべると
最低1.2倍以上、砂糖の方が太りやすいです

 

 

逆に同じカロリーの食事を食べても、砂糖ではなくハチミツを
使った料理にすることで、自然と現在の体重よりも痩せていきます

 

 

糖質制限は、カロリー制限で無視されていた血糖値に注目した
アメリカで一時期ブームになったダイエット方法です

 

 

アトキンズ博士が提唱したので、アトキンズダイエットとも呼ばれます

 

 

糖質を制限することで、血糖値の上昇を防ぎ、脂肪がつきにくくなる
という理論です

 

 

血糖値の上昇を防ぐことは大切なのですが、
現在、糖質制限ダイエットのやり方として認知されているのは
ご飯を食べずに肉を食べる、というやり方です

 

 

たしかにご飯よりも肉のほうが血糖値は上がりにくいですが
それは消化に時間がかかるからです

 

 

消化に時間がかかるうえに、消化酵素を大量消費するので
体内で酵素生産能力の大半を消費してしまい、
肌荒れやひどい場合、病気を引き起こすと言われています

 

 

実際に、アメリカでも、一時期ブームになりましたが
健康に悪い、ということで現在は下火になっています

 

提唱者のアトキンズ博士にしても、72歳で病死してしまいました

 

 

現在、そして昔からアメリカの治療家の間で行われているのが
『酵素ダイエット』です

 

 

消化酵素を節約し、体内の代謝酵素を増やすことで
新陳代謝を活発化して脂肪燃焼能力を高め、健康にも良いということで
今は一般にも広がっています

 

 

研究によれば、肥満体型の人の体内では
『リパーゼ』という脂肪分解酵素が不足しているという結果が出ています

 

 

そのやり方ですが、酵素を大量に含んだ食事に切り替える、という方法です
日本でブームの酵素ドリンクを使うわけではありません

 

酵素を含んだ食事とはフルーツ、生野菜、刺身、発酵食品などです

 

酵素は48度以上で破壊されてしまうので
酵素を摂取する場合、生の食事が基本になります
なので、ローフード(生食)ダイエットとも言われます

 

 

ローフードダイエットでは、フルーツや生野菜など
酵素食品はいくら食べてもOKです

 

 

肉はいくら食べても良い、という糖質制限ダイエットと違って
健康上もメリットがありすぎるので、ダイエット効果と併せて
若い人は美肌になりますし、体調が気になり出した年齢の人も
もちろん美肌になりますが、病気予防にも効果的です

 

 

ダイエットのために食事を変えるのであれば、
ローフードダイエットをおすすめします(^^)

カロリー制限と糖質制限はすでに古い|アメリカ栄養学の最先端メソッド関連ページ

体内酵素を増やす正しい食事制限
1日3食の食事が健康に悪いと言うお医者さんもいます 日本人が毎日、朝昼晩の食事を食べるようになったのは 明治時代以降で、昔から実は1日2食だったという説もあります
太りやすい食べ物
太りやすい食べ物には2つの条件があります
太りやすい体質は味付けに特徴
身の回りの肥満体型の友人を見ていて気づいたことがあります それは、みんな、同じタイプの味が好きなんです
酵素ダイエットの理論を解説
『酵素ダイエット』というと 酵素ドリンクなど、特別なアイテムを利用したダイエット というイメージがありますが 実際に、アメリカのサナトリウム(療養所)で行われている 酵素ダイエットはもっとシンプルです
肌細胞の寿命を決めるもの
40代、50代なのに、30代にしか見えない人がいます ただ美人、というだけではこのような年齢を超えた 美しさは手に入れることができません
恐ろしく老ける食べ物ワースト3
私たちの体は、私たちが毎日食べた物で出来ています 質の良いものを食べれば、美しい体ができます 質の悪いものを食べれば、汚い体になります