酵素 種類 働き

酵素の種類と働き|とりあえず知っておきたい2つのタイプ

酵素って全部で何種類あると思いますか?

 

 

今のところ、「2万種類」以上と言われていますが
つい数年前まで3000種類と言われていたので
今後ももっと増えてくる可能性が高いと思います

 

 

この2万種類の酵素たちですが、
全ての酵素が別々の役割を持っています

 

 

肌の新陳代謝を行ったり、食事を消化吸収したり
お酒を飲んだ時にアルコールを分解したり、
全て別々の酵素が必要です

 

 

そこで、分かりやすい分類として
人間の体の中での酵素の働きを大きく2つに分けて、

 

 

「栄養素の消化吸収を行うための消化酵素」
「栄養素から皮膚や骨を作ったり、エネルギーに変えるための代謝酵素」

 

という分類がされています
酵素は消化酵素と代謝酵素に分けて考える、
と覚えておいてください(^^)

 

 

食事の後に分泌されるのが消化酵素です
食事を細かく分解して体に吸収できる状態にしてくれます
具体的にはたんぱく質をアミノ酸に、炭水化物をブドウ糖に分解することで
体に栄養素として吸収できる状態にしてくれます

 

 

消化酵素は消化の悪いものを食べるとたくさん分泌されます
消化に良いものを食べたときはあまり分泌されないので、
消化酵素を節約することができます

 

 

同じ糖分でも、果物の糖分はブドウ糖なので、とても吸収が良いです
ほとんど消化酵素を必要としません

 

 

一方チョコレートやお菓子などの砂糖(ショ糖)はブドウ糖にまで
分解する必要があるのですが、砂糖をブドウ糖まで分解にするには
かなり消化酵素を必要とします

 

 

他にも、肉などの動物性たんぱく質はやはり消化が悪いです
消化はとても大切なことなので、また詳しくお話しますね

 

 

代謝酵素は消化酵素以外の体内酵素ということになります
歩いたり、ものを考えたりするだけでも酵素が必要ですし
髪が伸びるのも、肌のターンオーバーも酵素が必要です
風邪を引いたときに、風邪のウイルスをやっつけるのも酵素です

 

 

酵素の働く場所としては、
消化酵素は胃腸を中心とした消化器系がメインの戦場です
代謝酵素は、体中で働きますが、
特に心臓と血管を中心とした循環器系で働くことが多いです

 

 

ところで、酵素の種類自体は2万種類以上ありますが、
合計の酵素量はだいたい決まっています

 

 

例えばお財布の中に100万円が入っていたとして
一万円札100枚かもしれないし、全部1円玉かもしれませんよね
いろんなお札や硬貨の組み合わせが考えられます
でも、合計で100万円は100万円です

 

 

体内酵素も同じで、消化酵素50%、代謝酵素50%かもしれないし、
何も食べない時は消化酵素0%、代謝酵素100%かもしれません
でも、合計量は変わりません

 

 

合計量が変わらないので、一部の酵素が増えすぎると他の酵素が減ってしまいます
例えばご飯を食べすぎると眠くなるのは、
消化酵素が増えて脳を働かせる代謝酵素が減っている状態です

 

 

二日酔いはアルコール分解酵素ばかりが増えた状態なので
他の代謝酵素が少ない状態になり、眠かったりだるかったりが続きます

 

 

なぜ消化酵素と代謝酵素の2つに分けると分かりやすいかというと、
体内酵素の中でも、消化酵素を作るのにはとても大きなエネルギーが必要だからです

 

 

お金で言えばとても金額の大きい、一万円札のようなものです

 

 

普通の酵素が1円玉や10円玉くらいの硬貨だとすると
消化酵素はどれも一万円札や五千円札レベルのお札になります
消化酵素を使いすぎると、すぐに代謝酵素の取り分がなくなってしまいます

 

 

大切なことは、
消化酵素を使いすぎると代謝酵素が少なくなってしまい
新陳代謝が悪くなったり、病気になったり、頭が悪くなったり、ブスになる
ということです

 

 

つまりですね、
老け顔のブスになりたくなければ、お菓子ではなくフルーツを食え
ということになります(笑)

酵素の種類と働き|とりあえず知っておきたい2つのタイプ関連ページ

酵素不足の意外な悪影響
酵素不足の意外な悪影響|ちょっと知りたくないビフォーアフター
酵素と酵母の違い
酵素と酵母の違い|誰でも知っているマンガのキャラで言えば・・