デトックス 肌荒れ

デトックスで肌荒れ体質改善|毒素を出し切って細胞をリセットする方法

肌荒れは肌が炎症を起こしている状態ですが
肌を作っているのは細胞です

 

デトックスというと、宿便を出す、ということで
腸内の老廃物を出す、というイメージが強いですが
たしかに腸内の宿便を出すことは絶対必要ですが
細胞の中にも老廃物は溜まっているのです

 

細胞は主にたんぱく質から出来ていて、
細胞を包み込む細胞膜は脂肪から出来ています

 

このたんぱく質と脂肪の質が悪いと
細胞自体に元気がなくなり、
簡単に炎症を起こすことになります

 

たんぱく質と脂肪の質は、
まず普段の食事で決定します

 

例えばトランス脂肪酸や酸化した油分を中心の生活だと
細胞膜の質が落ちてしまいます
トランス脂肪酸はマーガリンなどの人工的な油、
酸化した油は古い油や揚げ物などを食べると
大量に体内に入ってしまいます

 

逆に、魚に含まれる不飽和脂肪酸(オメガ3)や
良質のオリーブオイル、アマニ油などには
細胞の脂肪膜を健康にするパワーがあります

 

質の悪い食事以外にも、日々のストレスや排気ガス
タバコ、アルコールなどのダメージによって
細胞にもダメージが発生します

 

ダメージを修復しきれなかった細胞の中には
不良たんぱく質が発生してしまいます

 

 

不良たんぱく質は、いわば細胞内のゴミです
ゴミだらけの部屋では快適に生活できないように
ゴミだらけの細胞は、エネルギーの生産や免疫力が
滞ってしまい、元気がなくなってしまいます

 

 

この細胞内のゴミをきれいにするのが細胞内デトックスです

 

 

細胞内デトックスに必要なものは空腹感です
私たちの体は60兆個の細胞で出来ていますが
60兆個の細胞の一つ一つに、たんぱく質のリサイクルシステムが
組み込まれています

 

この細胞内リサイクルシステムは、不良たんぱく質をいったんかき集め
分解して不要物を除去した上で、健康なたんぱく質に作り替えるという
ハイテクリサイクルシステムです

 

細胞内リサイクルシステムはある程度の飢餓感(空腹感)を感じると
活性化するようになっています

 

なぜなら、生物の生存本能によって、
外側からのたんぱく質の供給がない場合は
内側の不良たんぱく質を再利用することで
細胞を作ることが必要だからです

 

よく断食をすると、気分がリフレッシュできる、
という体験談を聞きますが、
実際に細胞レベルでリフレッシュが進んでいる、というわけです

 

空腹感、というとあまり良いイメージがありませんが、
その間に細胞がリフレッシュされている
と考えることで、多少がまんできませんか?

デトックスで肌荒れ体質改善|毒素を出し切って細胞をリセットする方法関連ページ

ターンオーバーが乱れる要因
肌のターンオーバーを乱すものは紫外線だけではありません 紫外線のダメージは活性酸素を発生させてメラニンの生成を 活発化させてしまいますが、 メラニンの排出を行うのも、活性酸素のダメージを軽減するのも 体内の酵素の働きです
抗酸化作用のある食品
老化の最大の原因は細胞の酸化だと言われています 鉄が錆びて朽ちていくように、細胞が酸化することで 細胞本来の弾力性や細胞相互の結びつきが悪くなり 肌はシワだらけになり、内臓の活動量は落ちていきます
「糖化」で肌が内側から老化する
細胞の酸化と並んで、肌を老けさせるのは「糖化」という現象です 糖化とは、その名の通り、肌をつくるコラーゲンが糖と結びついて 本来の弾力性を失ったり、肌が焦げたような色に変わることです
酵素は吸収されないので効果なし?
私たちの体内酵素の活性度はそのまま若さを示します 20歳と60歳を比べた場合、体内酵素の活性度は約半分と言われ 年齢が上がるほど、体内酵素の活性度は下がっていってしまいます
酵素とプラセンタの共通点
世界のサプリメント業界でトレンドが変化しています 栄養素の「含有量」から「吸収率」への変化です
皮膚細胞のリサイクルシステムを活性化
ターンオーバーの乱れ、というのは 肌の新陳代謝がスムーズに行われていない状態です ターンオーバーを乱す要因としては ストレスや排気ガス、電磁波といった外的要因と 細胞の栄養素となるたんぱく質などが不足していたり 栄養素の質が悪い場合、の内的要因があります
老廃物が蓄積してシミになる
肌の新陳代謝はターンオーバーとも入れますね ターンオーバーは、古くなった肌の細胞を老廃物として排泄して 新しい、キレイな細胞を作り直す仕組みです
疲れが顔に出るようになったら
昔は徹夜空けでも平気だったのに、 最近はちょっと人に見られたくないくらい疲れ顔になってしまう その理由は、年齢が上がるに従って体内酵素の量が減ることです